Dell Studio 1558 の HDD を SSD に換装する

知人のDell Studio 1588 の起動が遅くて新しい PC への買い換えを考えていると聞きつけたので、実際に知人の Studio 1558 の起動を確認してみました。するとほんとに遅い。Windows にログインしてから使えるようになるまで数分かかり、HDD起動にしても本当に遅く感じました。たぶん OS をインストールし直すだけでももっと早くなるでしょう。知人の 1558 は、購入後 3年を過ぎてはいるもののそれほど使い込んでなく、外観もきれいだったのでまだまだ使えると判断し、OS の再インストールと SSD への換装を提案し、作業を手伝うことにしました。

SSD はいろいろ出てますが、今回は「シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps」を使ってみました。このシリーズには、容量が 128G, 256G, 512G とあり、大容量物はそれなりの金額なので、値段と容量のバランスを考えて 256G を知人に推薦しましたが、知人は大容量の512Gが良いということなので、高いと思いましたが本人の選択なので、3万円をゆうに超えている512G モデルを選択しました。

◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 512GB CSSD-S6T512NHG5Qを確認する◆
◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Qを確認する◆
◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Qを確認する◆

Dell Studio 1558 の HDD 換装はとっても簡単で、裏蓋をはずして、現在装着されている HDD を Studio 1558 からとりはずし、さらに HDD に取り付けられているマウンターをはずしました。

そのマウンターはそのまま新しい SSD に取り付けて、Studio 1558 に組み込みました。サイズはぴったりでした。

装着後、電源 ON にし、BIOS 画面を表示するとなんの問題もなく認識されていたので、そのまま OS のクリーンインストールを行いました。

さてさて、お決まりの性能比較です。

 換装前 HDD のエクスペリエンスインデックス
 換装前 HDD のエクスペリエンスインデックス
 換装後 SSD のエクスペリエンスインデックス
 換装後 SSD のエクスペリエンスインデックス

 換装前 HDD 測定結果  換装後 SSD 測定結果
 換装前 HDD のCrystalDiksMark  換装後 SSD のCrystalDiksMark

オリジナルの HDD に比べると SSD は当然ながらかなり早くてとても快適に 1558 が使えるようになりました。これであと数年はこの PC を使い続けることができそうです。

以上、なにかの参考になれば幸いです。

WD Elements Portable 2TB USB3.0 WDBU6Y0020BBK-JESN

2013年5月に「WD My Passport 2TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD WDBY8L0020BBK-JESN 購入」を報告しましたが、さらにリーズナブルプライスな「WD Elements Portable 2TB (ポータブルHDD, 高速USB 3.0/USB 2.0対応 Windows 8対応 バスパワー給電) WDBU6Y0020BBK-JESN」が発売されているのを発見してしまいました。なんと2千円位価格が安いではないですか。悔しく思いながらも、最近は仕事で大容量のVMイメージを多く扱っていてバックアップHDDが何かと必要になるし、購入に踏み切っちゃいました。

パッケージ外観です。箱は茶色い段ボール紙の省エネパッケージです。
WD Elements Portable 2TB - a

中身も必要最低限となっていて、本体、説明書、USB3.0ケーブルとなっています。
WD Elements Portable 2TB - b

前回の WD My Passport 2TB と違うところは、「WD Drive Managermen devices」「WD SES Device
」と言ったデバイスが登録されないことです。ドライバのインストールも不要で、つなげてすぐに使うことができます。
WD Elements Portable 2TB - 2
デバイスマネージャー上では、「WD Elements 1048 USB Device」として認識されます。

で、例によって CrystalDiskMark による測定結果アップします。
・WD Elements Portable 2TB、 ・WD My Passport 2TB
WD Elements Portable 2TB - 3        WDBY8L0020BBK 2TB

今回の「WD Elements Portable 2TB」は前回の「WD My Passport 2TB」と比べると、それぞれの測定値が性能アップしていました。

以上、何かの参考になれば幸いです。
◆Amazon でWD Elements Portable 2TB (ポータブルHDD, 高速USB 3.0/USB 2.0対応 Windows 8対応 バスパワー給電) WDBU6Y0020BBK-JESN を確認する◆

WD My Passport 2TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD WDBY8L0020BBK-JESN 購入

昨年購入した WD My Passport Essential SE USB3.0 1TB HDD が容量不足になってきたので、さらに大容量の ポータブル HDD を探したところ、同じく Western Digital の「WD My Passport 2TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD WDBY8L0020BBK-JESN」が良さげでしたので購入しました。
◆Amazon で WD My Passport 2TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD/ブラック/バックアップソフトウェア搭載 WDBY8L0020BBK-JESN を確認する◆

前回、WD My Passport Essential SE USB3.0 1TB HDD 導入 のときにはデバイスドライバ以外にも 自動的にバックアップしてくれるソフト等も最初に入れてしまったのですが、自分の知らない間に勝手にバックアップを取るとうい仕様がどうも気にいらなかったので、アンインストールした経験があるので、今回は必要なデバイスドライバのみインストールすることにしました。

WDBY8L0020BBK を USB に接続すると自動的に設定されないドライバがあり、デバイスマネージャー上エラーになりますが、WDBY8L0020BBK のディスクは参照可能となっているので、購入時よりディスクにコピーされているデバイスドライバを使用してセットアップを完了させます。

以下その手順メモです。
導入環境:PC Lenovo E31 CPU E3-1270 V2(3.50GHz, 1600MHz, 8MB)、Windows 7 Profesional 64bit 8GB RAM

1.WDBY8L0020BBK をUSB に接続する

2.いくつかのデバイスドライバは自動的に設定されるが、設定されないドライバがあり、デバイスマネージャ上で以下の表示になっている
 DeviceManager-error

3.デバイスマネージャー上でエラーになっているデバイス[WD SES Device USB Device]を右クリックして[ドライバーソフトウェアの更新]をクリック
 DeviceManager-update01

4.[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]をクリック
 DeviceManager-update02


5.接続したWDBY8L0020BBK の中身は見えているので、「My Passport\Extras\WD SES Device Driver」を選択して[OK]クリック
 DeviceManager-update03

6.[次へ]をクリック
 DeviceManager-update04

7.正常にドライバが設定され、デバイスマネージャー上からエラーは無くなりました
 DeviceManager-update05

で、例によって CrystalDiskMark による測定結果アップします。
昨年購入した WD My Passport Essential SE USB3.0 1TB HDD とも比較してみました。
テスト環境は、
 PC Lenovo E31 CPU E3-1270 V2(3.50GHz, 1600MHz, 8MB)
 Windows 7 Profesional 64bit 8GB RAM
 USB3.0ポートに直付
です。

左:WDBY8L0020BBK 2TB 右:My Passport Essential SE USB3.0 1TB
WDBY8L0020BBK 2TB My Passport Essential SE 1TB
ディスク容量が大きいためなのか、WDBY8L0020BBK 2TB のほうがかなり早いですね。
My Passport Essential SE USB3.0 1TB のほうは、1年継続して使用していて、8割がたディスクを使用してしまっているので、空きを見つけるために遅くなっているのか、昨年買ったばかりに測定した結果よりも悪くなっています。だだ、昨年の結果は ThinkPad X220で計測したので、単純には比べられませんが。。。。

以上、何かの参考になれば幸いです。

◆Amazon で WD My Passport 2TB/USB 3.0対応/ポータブル外付けHDD/ブラック/バックアップソフトウェア搭載 WDBY8L0020BBK-JESN を確認する◆

USBメモリ SDCZ80-064G-X46 と USB3.0ハブ BSH4U20U3BK の性能測定

SanDisk の USBフラッシュメモリ 64GB SDCZ80-064G-X46 と iBUFFALO の USB3.0ハブ 4ポート BSH4U20U3BK を購入しましたので、例によって CrystalDiskMark による測定結果アップします。

テストは、以下の観点で行いました。
・USBメモリ を PC の USB3.0 ポートに直刺しした場合と、USB3.0ハブ 4ポート BSH4U20U3BK を経由した場合の比較
・USBメモリのフォーマット形式:購入時の FAT32形式と exFAT形式, NTFS形式の比較

テスト環境は、
PC Lenovo E31 CPU E3-1270 V2(3.50GHz, 1600MHz, 8MB)
Windows 7 Profesional 64bit 8GB RAM

フォーマット形式: FAT32(左USB3.0直刺し、右 USB3.0ハブ BSH4U20U3BK経由)
SDCZ80-064G-X46 FAT32 直刺し SDCZ80-064G-X46 FAT32 HUB経由

フォーマット形式: exFAT(左USB3.0直刺し、右 USB3.0ハブ BSH4U20U3BK経由)
SDCZ80-064G-X46 exFAT 直刺し SDCZ80-064G-X46 exFAT HUB経由

フォーマット形式: NTFS(左USB3.0直刺し、右 USB3.0ハブ BSH4U20U3BK経由)
SDCZ80-064G-X46 NTFS 直刺し SDCZ80-064G-X46 NTFS HUB経由

USBフラッシュメモリ 64GB SDCZ80-064G-X46 について
この USB メモリは Extreme とあるだけあって早いですね。パッケージに書いてある通り、190MB/s read、170MB/s write は達成しています。ネットで評判の通りです。
あと、私としては NTFSフォーマットで使用したいので、フォーマット形式による違いもチェックしておきたかったのでテストしました。一般的に exFAT は早くて、NTFS は遅いと言われていますが、各フォーマット形式でそれほど大きな違いは見られないような気がします。
※フォーマットはクイックフォーマットで行っています。クイックでない正式なフォーマットを行った時にどうなるかはテストしていません。

iBUFFALO USB3.0ハブ 4ポートタイプ ブラック BSH4U20U3BK
USB メモリを直に接続した場合でも、HUBを経由させた場合でもそれほど大きな違いは見られないですね。HUBを接続したからと言って性能が落ちるわけではなさそうです。

以上、みなさんの何かのお役にたてば幸いです。
◆Amazon で SanDisk USBフラッシュメモリ 64GB SDCZ80-064G-X46 を確認する◆
◆Amazon で iBUFFALO USB3.0ハブ 4ポートタイプ ブラック BSH4U20U3BK を確認する◆

ダイソー 14インチノートパソコン用 100円キーボードカバー

昨日、ダイソーで14インチノートパソコン用キーボードカバーを見つけました。
100円なのでダメもとで X220 に使用しようと買って帰りました。

うーん。X220全体は覆うことができない大きさです。
Daisoキーボードカバー01

裏面の説明書によると、キーボードカバーを上から載せるだけのようです。
Daisoキーボードカバー04

キーボードカバーは単なるシートなんですね。キーボートに合わせてデコボコになっているわけではないので、どの機種でも対応できるというわけですね。
Daisoキーボードカバー02

で、X220 に装着したのがこれです。PFキーを覆うと、タッチバッドまで届きませんでした。横は余りがでてしまします。キーボードカバー自体は静電気でひっついているのか、安定していてタイピングによりズレることもないし、意図しないキーが押されることもありませんでした。
Daisoキーボードカバー03

ジャストフィットはしてないけど、ゴミがキーボードの隙間に入るのを防止できるので、しばらく使ってみようと思います。

1日ぐらい使用して、気が付いたこと。
●キーボードカバーに白い粉が付着しているようで、使用しているうちにX220のキーボードが白っぽくなってきます。これは水拭きすれば取れるので問題はありません。

●すでに隙間に入ったゴミがキーボードカバーの裏側に付着して、気になってきました。キーボードカバーのの裏側を水拭きすることで取り除き、スッキリしました。

ダイソーは在庫を持たないので、見かけたら買っておくのが良いと思います。
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR