スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E31 サウンドの音飛びに苦しむ

じつは、Think Station E31 で iTunes や PCastTV3 を
使用しているとたまに音飛びを起こすことが気になっていました。

タスクマネージャーで監視すると、音飛びが発生するのは
CPU の使用率が高くなったときに発生するらしいことがわかりました。

音飛びした直後のタスクマネージャー
タスクマネージャー

CPU の使用率が高いといっても、かならず発生するものでは
なく、何が原因か良くわからないので、過去に音飛びの原因として、
ハイパースレッドが ON だというのを聞いたことがあるので
さっそく BIOS の設定を変更して OFF にしてみました。
BIOS HT OFF

保存後、再起動しましたが、音飛びは変わらず発生しました(>_<)

その後、E31 を購入後に CPU の仮想化機能も ON に変更したことを
思いだし、OFFにしました。
(上記画像の Intel(R) Virtualization Technology と VT-d の部分)
結果は、これも無関係でした。

ネットを検索したところ、
KNOWLEDGE BASE Windows 7 Tuning Tips for Audio Processing というサイトがあり、
そこで LatencyMon というツールで原因を追及する方法が載っていました。

さっそく LatencyMon をダウンロードし、監視してみました。
LatencyMon USB2.0
すごい、音飛びと同時に赤いメッセージと、何のモジュールが原因となったかを
表示してくれます。USBPORT.SYS - USB 1.1 _2.0 ポートドライバーが
悪さをしているようです。
実は、USB2.0 ポートには、無線 LAN アダプタ BUFFALO WLI-UC-G30xN が
接続してあり、どおりで、ブラウザで新しいページを開いたりするときに
音飛びが多かったはずです。ウェブ上でも音飛びの原因として、無線LAN の
可能性もかなりあげられていましたので、USB ポートから無線 LAN アダプタを
外してみました。
USBネットワークアダプタなし
わーお、ツールは緑色のまま正常を示しています。
CPUに負荷をかけるために適当にアプリを開いたりしてみましたが、
音飛びはまったくしません。
やっぱり USB ポートに無線 LAN アダプタが接続されていると
音飛びが発生するみたいです。

それではということで、無性 LAN アダプタを USB3.0 ポートへ
移すことにしました。
LatencyMon USB3.0
残念、USB 3.0 ポートでもダメですね。
原因モジュールとして、iusb3xhc.sys - Intel(R) USB 3.0 が
表示されています。

さて、原因は判明したもののどうしたものか。
ネット接続は必要だし、無線ルーターはとなりの部屋にあるので、
LAN ケーブルでの接続は考えられません。

ということで今日はここまでです。

ThinkStation E31 システム リカバリ ディスクを複数回作成する

前回の『ThinkPad X220 システム リカバリ ディスクを複数回作成する』から1年以上経過し、そこで紹介した方法では X230 のシステム リカバリ ディスクを作成できないとのメッセージをもらっていましたが、手元に実機がなかったため調査できていませんでした。
今回新しく ThinkStation E31 を購入したのですが、X220 と同じ方法でシステム リカバリ ディスクを複数回作成できないようなので調査しました。ネットを調査したり、実際に E31 で動かしてみて、複数回作成することに成功しましたので、ご紹介します。
なお、「Microsoft Windows ライセンスで作成が許可されているデータ・メディアは1つのみです。」とのことですので、実施するのはデータ・メディアが破損してしまった時等に限定してくださいね。

1.はじめに
 システム リカバリ ディスクが 2 回以上作成できないようにするための情報を
 持たせる方法が2012年になってから変更されたようです。
 今後は(2) の方法になっていくのではないでしょうか。

 (1) 前回 X220 の時
  ・service_done.ini の設定による方法

 (2) 今回の E31 や X230での方法
  ・RECOVERY.INI のデータ・ストリームの設定による方法

 フォルダー・ファイルの表示オプションを設定したのにもかかわらず、
 service_done.ini が見つからない場合は、(2)となっている可能性大です。

 今回は、この(2) の場合の対処方法です。 

2.システム リカバリ ディスクを複数回作成する方法
 ※サムネイル画像をクリックすると大きな画像を表示します。

 (1) すでにシステム リカバリ ディスクを作成している場合
   再度作成しようとしても以下のダイアログが表示されて先にすすみません。
   データ メディアは1つのみ

 (2) フォルダー・ファイルの表示オプション設定
  例によって、フォルダーオプションですべてのファイルが見えるようにします。
  -「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」←選択する
  -「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推薦)」←チェックを外す
  これで、フォルダ・ファイルが見えるようになります。

 (3) 設定変更するファイルを作業フォルダにコピーする
  Q:\FactoryRecovery\RECOVERY.INI を作業用のフォルダにコピーします。
  例では、Cドライブに test2 というフォルダを作成して、そこにコピーしました。
  ※コピーせずに作業しても構いませんが、間違ってファイルを壊してしまっても
   大丈夫なようにコピーしています。
  INIファイルを配置

 (4) RECOVERY.INI のデータ・ストリームの設定変更
  CMDによる値の変更
   ※この例では C:\test2 に RECOVERY.INI がコピーしてあります。
   ① CMDを起動する
    ・スタート -> プログラムとファイルの検索にCMDと入力してエンター

   ② 作業用フォルダに移動する
    ・cd C:\test2

   ③ 変更前のRECOVERY.INI のデータストリーム内容の表示
    ・more < RECOVERY.INI:Done

   ④ データストリームの内容を 0 に変更する
    ・echo 0 > RECOVERY.INI:Done

   ⑤ 変更後のRECOVERY.INI のデータストリーム内容の表示
    ・more < RECOVERY.INI:Done

 (5) 変更後の RECOVERY.INI を 元の Q:\FactoryRecovery に戻す

 (6) リカバリー メディア ディスクを作成する
   Create Recovery Media ディスクを作成する
   ※ThinkStation E31 の場合も USBメモリは 16GB の容量のものが必要です。
    ◆Amazon で 16GB USB3.0 メモリを確認する★

3.参照させていただいたサイト・ブログ
 解決方法にたどり着くまでには、たくさんのサイトやブログにお世話になりました。
 以下、参照元をリストします。各サイトの管理人様、ありがとうございました。
 
 パソコン人柱報告 - 何回もリカバリーディスクを生成する方法・・・ThinPad X230
 バグのある生活 - リカバリメディアを何度でも作る方法[まとめ]
 @IT - streamsコマンドでNTFSの代替データ・ストリーム情報を表示/削除する
 Windows Sysinternals > ダウンロード > ファイルとディスク > Streams

Think Station E31 使用レポート4:追加アプリケーションのインストール

デスクトップには、「追加アプリケーションのインストール」があります。
追加のアプリケーションインスト01

クリックすると、「ご利用できるアプリケーション」というのが
出てきてインストールできるようになっています。
追加のアプリケーションインスト02

ということで、DVD Movie Factory 7 BD Lenovo Edition を選択し
インストールしました。
以下は、インストール後、スタートに登録されたアイコン類です。
追加のアプリケーションインスト03

今日はここまでです。

◆lenovo で ThinkStation E31 を確認する◆

Think Station E31 使用レポート3:初期状態の記録

初期状態の記録です。
詳しいことは、それぞれの画像をクリックして見てください。

まずはタスクマネージャーです。
Task Manager
CPU は、Ivy Bridge の E3-1270V2 なので、8 スレット分の使用履歴表示があります。


プログラムと機能
インストールされているプログラム1
インストールされているプログラム2
結構たくさんインストールされているものですね。

デバイスマネージャー
プログラム1
プログラム2
プログラム3

ディスクの管理
ディスクマネージャー
C ドライブがSSD, 飛んで E ドライブが HDD。
E ドライブが気に食わないのであとで D ドライブに直しておきます。

NVIDIA システム トポロジの表示
E31_05_12_NVIDIA_SystemTopology_20120911.png
DIV ポートと Display ポートにモニタが接続されていることが確認できます。
モニタはアナログで今ではもう小さい 1280x1024 ですが、もうしばらく
使うつもりでいます。

SimpleTap
Simple Tap
マウスとキーボードがあるので、この機能はいらないなぁ~。
X220 の時もインストールしたけど、結局アンインストールしちゃったし。

Norton Internet Security
Norton
30日間のお試し版です。
アクティブ化して期限が切れたら正式版のキーを設定しようと思います。

以上です。

◆lenovo で ThinkStation E31 を確認する◆

Think Station E31 使用レポート2:電源ONからWEI評価

ディスプレイもつながったので早速電源ONです。
さすが SSD です。すぐに設定画面が表示されました。
Starting Windows

画面の指示に従って操作を進めると、この写真ではわかりずらいですが
Google Chrome が立ち上がってきました。勝手にソフトをインストール
しないでほしいところです。(Chrome はいずれ入れるんですけどね^_^;)
Google Chrome


ということで、インストール完了です。
インストール完

さっそくWindows エクスペリエント・インデックスの評価です。
E31 の Windows エクスペリエント・インデックス は 6.6 でした。
Windows エクスペリエンス・インデックス

参考までにX220 Windows エクスペリエント・インデックス
(mSATA SSD Crucial CT128M4SSD3 とメモリ16GB で増強済)
Windows エクスペリエンス インデックス:mSATA SSD

さずが、ワークステーション、エントリモデルにもかかわらず、すべてにおいて
mSATA SSD と 16GB メモリで増強した X220 を上回っていますね。
XEONは早いですね。プロセッサは 7.7 を記録しています。

さてさてレポートはまだつづきます。

◆lenovo で ThinkStation E31 を確認する◆
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。