スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crucial CT512MX100SSD1 性能測定

● お約束の Crucial CT512MX100SSD1 性能測定です。
 Crucial CT512MX100SSD1_20140713
 ◆Amazon で Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 512GB SATAIII CT512MX100SSD1 を確認する◆

● ちなみにいままで使っていた mSATA SSD Crucial CT128M4SSD3
 CrystalDiskMark_Crucial_M4-CT128M4SSD3-128GB_20140712

数値的には、かなり早くなっていますね(^o^) 体感的には。。。。うーん、早いかな。。。ま、C ドライブに余裕ができたので、これからもバシバシ X220 を使い倒します(^o^)


● その他 SSD のパフォーマンスに関連する事項

ネット上で良く見かけますが、SSD のパフォーマンス向上のために、いろいろと確認や設定をしなければいけないことがあるようです。また、Windows 7 は、設定しないといけないけど、Windows 8 であれば放っておいて良いというような話も耳にします。私は、Windows 7 ですので、一応、確認をしてみたいと思います。

(1) AHCI の確認
 [デバイスマネージャー] を起動し、「IDE ATA/ATAPI コントローラー」を展開します。
 「Intel(R) Mobile Express Chipset SATA AHCI Controller」というように「AHCI」と表記があれば OK。

(2) Trim の有効確認
 管理者コマンドプロンプトから「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」を打ち込み、「DisableDeleteNotify = 0」であれば有効となっています。、「DisableDeleteNotify = 1」なら無効。
 私の X220 では有効となっていました。

(3) デブラグが自動的に実施されないことを確認
 [ディスクデフラグツール] を開いて、[スケジュールの構成] ボタンをクリック。 [ディスクデフラグツール スケジュールの変更] ダイアログが表示されるので、[ディスクの選択] をクリック。SSD が [スケジュールに含めるディスク] となっていないことを確認。
 私の X220 では SSD は含まれていませんでした。

(4) Prefetch/SuperFetch の無効化
 [レジストリエディター] を起動し、該当の項目を展開する。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters 配下の項目のうち [EnablePrefetcher] と [EnableSuperfetch] の項目の値が 0 であることを確認する。
 私の X220 では 双方とも 1 でしたので、0 に変更しました。
 ※サービス(Superfetch, ReadyBoost )を無効とする説明もネットでは見かけますが、私は先にレジストリを変更してしまったので、その結果サービスが停止となったのかどうか不明です。

結果から言うと、上記の SSD のパフォーマンスに関連する事項を確認・変更しても、すぐには劇的にパフォーマンスは変わらないように思います。

以上、何かの役にたてば幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。