スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

foobar2000 で WASAPI 排他モードを試す(設定メモ)

Audinst Mini USB DAC & ヘッドヘッドホンアンプ HUD-mini を導入したので、
次は WASWAPI (Windows Audio Session API) の排他モードで音が
どのように変化するものなのか試したくなりました。

普段は、iTunes 10.7 を使用して音楽を楽しんでいますが、
WASAPI の排他モードにはまだ対応してないようなので、
良い音で定評のある foobar2000 をインストールしてみました。
音楽ファイルのライブラリ管理は iTunes にまかせ、
再生のみ foobar2000 で行うようにします。

foobar2000 の詳しい設定方法は、ネットにあふれていますので、
そちらを見ることにして、今回は自分用の最低限の設定メモとして
記録に残します。
インストール環境:Lenovo ThinkStation E31 Windows7 64bit

1.foobar2000 のダウンロード
 最新版ダウンロード (2013/1/6時点では、foobar2000 v1.2 が最新)
 旧バージョンダウンロードはこちら

2.foobar2000 のインストールと設定メモ(foobar2000 v1.2)
 (1) インストーラー(foobar2000_v1.2.exe)起動
   a. [Portable installation] 選択
     ※PCをできるだけ汚したくない私としては、Portable installation 大歓迎!

   b. その他はメニューに合わせて適当にすすめてOK

 (2) 初期設定設定(外観、メディアライブラリ)
   a. インストーラーにより展開されたフォルダの foobar2000.exe を実行

   b. Quick Appearance Setup
    ※初回起動時には、[Quick Appearance Setup] ウィンドウが開く
    - [Main Layout] :「Album List + Properties」を選択
    - [Colores] :「Blue」を選択
    - [Playlist Layout] :「Group by Albums」を選択
    - [OK] ボタンクリック

   c. アルバムアートビュアーの追加
    - [Enable Layout Editing Mode] に入る
     ツールバー-> [View] -> [Layout] -> [Enable Layout Editing Mode] を選択
    - Album Art Viewer 追加
     - foobar2000 画面の左の [Album List]上で右クリック-> [Replace UI Element]
      -> [Spilitter (top/bottom)] 選択 -> [OK]
     - 下に新たなエリアができるので、その上でダブルクリック
      -> [Album Art Viewer] を選択 -> [OK]
    - [Enable Layout Editing Mode] 解除
     ツールバー-> [View] -> [Layout] -> [Enable Layout Editing Mode] を選択

   d. メディアライブラリの設定
    - [Preference] ウィンドウの表示
     ツールバー-> [Library] -> [Configure]
    - [Music folders] の [Add] ボタンをクリック
    - iTunes の Music フォルダを指定
     ※自分の場合、D:\Public\Music\iTunes Music
     ※フォルダ指定後[Status] が「initializing」から「Monitoring」となる。
      iTunes側で新に音楽ファイルを追加してもそれを感知して
      ちゃんと表示してくれるので便利
    - ライブラリビュワーでの選択からプレイリストを表示させる設定
     [Library viewer selection playlist] の項目設定
      - [Enabled] をチェック
      - [Activate when changed] をチェック
     ※これでわざわざ自分でプレイリストを作成しなくてもよくなるので便利

   e. その他
    - foobar2000 の起動時に前回終了時の状態から継続してプレイさせる
     [Preference] -> [Playback] の [Other] の設定項目
      - [Resume playback after restarting foobar2000] をチェック

   ※ここまでの設定で以下の外観となります。
    foobar2000 ここまでの設定での外観
    新たな外観設定プラグインを導入しなくても、アルバムアートも表示されるし、
    しばらくはこの画面で使ってみようと思います。

 (3) WASAPI設定

   a. WASAPI に必要なコンポーネントのダウンロード
    WASAPI output support
    ダウンロードサイトを開いたら、[Links] のところにある [Download] をクリックし、
   「WASAPI.fb2k-component」をダウンロードする

   b. WASAPI.fb2k-component のインストール
    - [Preference] ウィンドウを表示し、左のメニューから [Components] を選択する
    - [Install] ボタンをクリックし、ダウンロードした「WASAPI.fb2k-component」を指定する
    - [Install components] の一覧に [WASAPI output support] が表示されるので、
     それを選択し、[Apply] ボタンをクリックする

   c. 出力デバイスの変更
    - [Preference] ウィンドウの左のメニューから [Playback] -> [Output] を選択する
    - [Device] の項目から「WASAPI (event):」で始まっている項目を選択する
     ※自分の場合、「WASAPI (event):スピーカー(2-Audinst HUD-mini)」
      Lenovo E31オリジナルなら
      「WASAPI (event):Speakers (Realtek High Definition Audio)」
    - [Buffer length]
     ※何が最適値かまだ不明
      自分の場合とりあえず 2400 ms を指定
    - [Output format]
     ※何が最適値かまだ不明、
      自分の場合 Audinst HUD-miniのスピーカーのプロパティ設定値と合わせて24-bit を指定

3.聞き比べ

 [Preference] の [Output] を設定を切り替えて WASAPI とそうでないときを聞き比べてみました。
  a. DS:スピーカー(2-Audinst HUD-mini)
  b. WASAPI (event):スピーカー(2-Audinst HUD-mini)

 うーん、私の耳が高音質オーディオをうんぬん言う資格を持ち合わせていないのか、
 音源や使用しているアンプやスピーカーが安物なので、音の違いを表現できないのか、
 どちらの音が勝っているか明確に聞き分けることはできませんでした。
 どっちも良い音なんですよね(^_^;)

おまけ(参考サイト)
● foobar2000の設定に役立つサイト

  foobar2000 パーフェクトガイド
  ダウンロードから設定まで一通りのことが書かれています。

  パソコン初心者講座 道すがら講堂 foobar2000 一覧
  WASAPI のわかりやすい説明や foobar2000 の外観カスタママイズ等の
  知りたい情報が書かれています。

● iTunes と WASAPI についての情報
  Head-Fi Forums
  英語ですが「WASAPI + iTunes 10.6 + Windows 7」のスレッドがあり、
  iTunes の WASAPI 対応の現状がわかります。

以上です。

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。