VMware Player で遊ぶ その5 : 仮想マシン設定で Intel VT-x/EPT を有効にすると性能は向上するか?

X220 は、Intel VT-x/EPT が有効なマシンなので、
VMware の VM でもこれを有効にすると性能が向上するかチェックしてみました。

まず、先日インストールした Windows 8 Release Preview 上で、
VirtualChecker を起動してIntel VT-x/EPT が無効なのを確認しました。
Intel VT-x/EPT 無効

で、このときのエクスペリエンス インデックスがこれです。
エクスペリエンス インデックス(後)

次に、一度 Windows 8 Release Preview をシャットダウンし、仮想マシンの設定で、
VT-x/EPT を有効にし、起動します。(クリックで大きな画像が出ます)
設定

VirtualChecker を起動して確認です。Intel VT-x/EPT が有効になりました。
VT-x/EPT 有効

で、有効にした後のエクスペリエンス インデックスがこれです。
エクスペリエンス インデックス 有効後

有効前と変化はありませんでした。

◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆
◆Amazonで Windows8 の関連グッズを確認する◆

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR