WD My Passport Essential SE USB3.0 1TB HDD 導入

タイの洪水の影響で高騰していたハードディスクですが、
洪水前の値段に落ち着いてきたようなので、バックアップ目的で
ポータブルタイプの USB ハードディスクを購入しました。
所有している ThinkPad X220 には USB3.0 ポートが付いているので、
USB3.0 対応で大容量のものということで、今回は、Western Digital の
容量 1TB の My Passport Essential SE WDBACX0010BSL を購入しました。
色は、指紋の目立たないシルバーにしました。
やはり、このHDDは、タイ製でした。

パッケージ内容は、いたってシンプルです。
・My Passport Essential SE ポータブル・ ハードドライブ 本体
・USB 3.0 ケーブル
・クイック・インストール・ガイド
・WD テクニカルサポートおよび限定保証の説明書
WD My Passport SE パッケージ MyPassportSE パッケージ内容

HDD本体は、写真だと黄色味がかっていますが、綺麗なシルバーです。
この色だと、iPod とか iPad を彷彿とさせますね。
大きさは、H18mm, D110mm, W83mm, 重さ 200g で、持ち運びには
ちょうど良い大きさだと思います。
写真の左下に白く光っている部分はアクセスランプです。
My Passport SE 1TB Silver

さてさて、パッケージ内容のシンプルさが故の説明不足が災いして、
インストール時に迷うことがあったので、これから導入する人の
参考になるように記録しておきます。

インストールの方法の説明は、クイックインストールの見開き面にある
HDDとUSBをケーブルで接続する絵だけです。
クイックインストール(表)
クイックインストール(裏)

この説明だけ見ると、ケーブルで接続するたけで、何の苦労もなく
付属のソフトウェアも含めて使用できるようになる気がしますが、
そうはいきませんでした。

では順を追って記します。

My Passport Essential SE をインストールするPCは、
ThinkPad X220 Windows7 SP1 Pro 64bit です。

1.HDD と X220 を 付属のUSBケーブルで接続する

 新しいハードウェアが検出されて素直にドライバーインストールが
 完了するかと思いきや、WD SES Device USB Device の
 「ドライバーが見つかりません」エラーが出てしまいました。
 ドライバーソフトウェアのインストール

 My Passport のプロパティを見ると、
 WD SES Device USB Deviceに「」がついていました。
 My Passport プロパティ

 幸い、エクスプローラーで確認すると HDD の内容は見えていました。
 My Passport SE ファイル内容

 HDD の \User Manuals\My Passport Essential\JPN フォルダに
 マニュアルが格納してあったので、確認してみると、

 ========================================================================
 2. 図 3 に示すように、My Passport ドライブをコンピュータに接続します。
 3. 新しいハードウェアの検出ウィザード画面で、[ キャンセル] をクリックして画面を
   閉じます。
   ドライブの WD SmartWare ソフトウェアが My Passport ドライブに合った適切なド
   ライバをインストールします。
 ========================================================================

 と書いてありました。私は、新しいハードウェアの検出ウィザード画面で、
 キャンセルをクリックしていなかったので、これが原因かもしれません。

 それでは、自分で WD SmartWare ソフトウェア をインストールしてやろうということで
 以下に続きます。
 インストール途中の「エンドユーザー・ライセンス契約」の同意とかの画面は、
 省略しています。

2.WD SmartWare ソフトウェアのインストール

 HDD のルートにある WD SmartWare.exe をダブルクリックして
 インストーラーを起動します。
 WD SmartWare へようこそ

 (1) SES ドライバだけをインストールしたい場合

  上記画面で[インストールしない]をクリックします。

  次の画面で[インストールせずに続行]をクリックすると
  Windows SES ドライバのみがインストールされます。
  わかりずらい言い回しですね。
  WD SmartWare
  
  SES ドライバによりデバイスマネージャに WD Drive Management devices が登録され、
  My Passport プロパティの WD SES Device USB Deviceの「」も無くなります。
  コンピューターの管理 My Passport プロパティ

 (2) WD SmartWare ソフトウェアもインストールしたい場合

  WD SmartWareへようこそ画面で、
  [WD SmartWare のインストール]をクリックします。

  バックアップのウィンドウが出ますが、インストール後に設定可能なので
  ここでは [バックアップをスキップ]をクリックします。
  インストーラー:バックアップ

  次にドライブの設定ウィンドウがでますが、パスワードは設定したくないので
  何も入力せずに [続行]ボタンをクリックします。
  これも後から設定が可能です。
  インストーラー:ドライブの設定

 以上で、インストール完了です。
 SES ドライバと WD SmartWare のインストールが完了しました。

 WD SmartWare のプログラムグループが [スタート]に作成され、
 WD SmartWare が起動できるようになりました。

 次回は、ドライバとソフトウェアのアップデートについて
 書こうと思います。

★AmazonでWD My Passport Essential SE 1TB シルバーを確認する★

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR