スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beebox N3150 ベアボーンを動かすためのメモ

Beebox N3150 ベアボーン(BIOS version 1.30) を動かすためのメモです。

Beebox N3150 ベアボーンは装着するメモリや外部機器の接続のされかたにより、ビデオ出力が行われず何も表示されなことがあります。この状態にハマったら下記をチェックしてみてください。

モニターに何も映らないときに確認すること
1) メモリーモジュールは1枚目だけを装着し、2枚目(上側のスロット)は装着されてないこと。
 BIOSを 1.30 から 1.50以上にアップすると解決するようです。
 当方では、1.60で2枚のメモリモジュールが認識されることを確認しています。

2) キーボード、マウスがきちんとUSB端子に接続されているか。

3) メモリーモジュールとの相性
 可能であれば、メーカーが推奨しているメモリモジュールを装着してください。
 以下は私の経験値です。
  ・動作確認したメモリ
   ・X220に装着されていたSamsung DDR3 PC3-10700 4096MB
  ・動作しなかったメモリ
   ・Transcend PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB

以上、何かのご参考になれば幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。「beebox n3150 映らない」で検索して辿り着きました。
記事でご指摘のトランセンドですが、多分同じ製品TS1600KWSH-16GK(8GB*2)はBIOSを1.60にしても認識されませんでした。
crucial CT2KIT 102464BF-160B(8GB*2)で使っています。ここをご覧になる方々のご参考になれば。
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。