iPad Air2 を仕事で使う

2015/02/01 修正

 iPad Air はほんと軽くて、鞄に入れっぱなしでも通勤で苦にならないですね。こんなに軽いのなら、ThinkPad X220 の Windows パソコンを仕事で持ち歩くのはもうやめようかななんて思います。でも、いざ iPad をビジネスで使おうとすると、いままで Windows パソコンで仕事をしてきた者にとって、すぐには移行できないハードルがあります。そこで、iPad でも Windows パソコンと同じようにビジネスが行えるようになるまでを、他の方の参考にもなるように、記録します。
iPadAir2初期アプリ1


現在のWindows PCの用途
・メールチェック
・社内ポータルサイトへのアクセス
・ファイルの管理
・ワード、エクセルによるビジネスレポート作成
・パワーポイントによるプレゼンテーション作成
・客先でのソフトウェアの技術プレゼンテーション
・客先でのソフトウェアの技術デモ

iPad Air2 での方策
・メールチェック
ここでは、会社のメールシステムである MS Exchange との接続に絞って方策を考えます。

・iPad のメールソフト
  Exchange アカウントを作成して使用する
・iPad の Safari ブラウザ
  Outlook WebAccess 機能をSafari から利用する
  ⇒ ネットワークの品質によっては、
    動作がとても重く使い物にならない時があります(>_<)

・OWA for iPad (無料ソフト 入手は AppStore から)
  App Store よりダウンロードして利用する
  ⇒ 私の環境では動作せず。サーバー側設定の問題?

・Outlook for iOS (無料ソフト 入手は AppStore から)
  App Store よりダウンロードして利用する
  ⇒ 私の環境では動作せず。サーバー側設定の問題?


・社内ポータルサイトへのアクセス
旧バージョンのIEをターゲットに構築されているので、Windows の IE10, 11 でも互換モードを ON にしないと正しく動作しない Web アプリケーションがあり、やはり Safari でも正しく動かないアプリケーションが残念ながらあります(>_<) ⇒ 方策を考え中

・ファイルの管理
Windows の場合、ファイルが存在している場所はユーザーが認識可能で、ファイルエクスプローラーで操作ができますが、iOS ではユーザーはファイルの保存場所を特に意識しません。Windows ユーザーにとってはこのへんが使いずらいところです。プレゼンテーション用のファイルを Windows PCからコピーしたり、iPadの中でプレゼン用のファイルをキチンと管理する必要があります。

・Documents (無料ソフト 入手は AppStore から)

Documents-icon
Documents は、「高速 PDF リーダー、メディアプレーヤー、ダウンロードマネージャ」 と謳われていますが、ファイル管理アプリにビュアーが付いたものと考えるといいでしょう。
以下の機能が有り、このソフトでドキュメント管理を行うのが便利です。
・他のアプリケーションにファイルを送って開くことができる
・Wi-Fi ドライブ機能で、Windows PC からファイルを転送できる

こちらもご覧ください ⇒ これは便利 iPadで使えるファイル管理アプリ Documents


・ワード、エクセルによるビジネスレポート作成
MS ワード、エクセルが iPad でも無料で使えるようになったので、それを利用します。
⇒ まだ、使い勝手は検証中です。

・パワーポイントによるプレゼンテーション作成
同じく MS パワーポイントが iPad でも無料で使えるようになったので、それを利用します。
⇒ まだ、使い勝手は検証中です。
※Apple の Keynote も無料で入手できるようになり、MS パワーポイントのファイルも開くことができますが、フォントの違いによりレイアウトが狂ったりするようです。

・客先でのソフトウェアの技術プレゼンテーション
プレゼンテーションソフトは無料のMSパワーポイントが使用できるので、あとはプロジェクターとの接続方法です。

Windows は VGA が標準になっている(いた?)ので、ほとんどのお客さんのプロジェクターはVGA接続を使用しています。最近はまだ少数ですが、クリエイター会社や学術系でマックを使用しているためか、HDMI 接続に遭遇することもあり今後増えていくものと思います。

iPad からプロジェクターやディスプレイに接続するには、今のところ、純正の Lightning アダプターを購入するしかないです。しかし高すぎる(>_<)

・VGA : Lightning to VGA adapter
・HDMI : Lightning Digital AV Adapter
こちらもご覧ください ⇒ Lightning to VGA adapter / Lightning Digital AV Adapter 購入


・客先でのソフトウェアの技術デモ
いままでは、X220 の Windows 7 上に構築した VMware の VM で製品デモを行っていましたが、世の中はクラウドの時代なので、会社のデモの環境もクラウド上での構築が進んでいるのでそれを利用します。

・Web ブラウザ : Safari
・iPhone 6 のテザリング G4 接続


上記内容は今後、加筆修正していきます。
以上です。

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR