FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X220 シャットダウン時のバッテリー消費を防ぐ

X220は、シャットダウン時でもかなりバッテリーを消費してしまいます。
バッテリ100%の状態でシャットダウンしても、1週間後には60%以下に
なってしまいます。
今回は、シャットダウン時のバッテリー消費をどうにかして減らす話しです。

ネットで調べると、X220以外のThinkPadの話でしたが、
ネットワークアダプタが電力を消費するらしいことが書かれていました。

そこで、まずは、ネットワークアダプタの設定を変更してみることにしました。
Intel(R)82579LM Gigabit Network Connection の設定で、
「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする(O)」
のチェックを外しました。
82579LM Gigabit Network Connection

さてさて、結果はいかに。テストのためにシャットダウンして
1週間後にバッテリ残量をチェックしました。
あらら、変更前と同じように60%以下になっていました。
ネットワークアダプタは本命ではないですね。

あとは、怪しいといえば、もうあれしかありません。そうです、シャットダウン時でも
緑色にLEDを光らせてスタンバイしている指紋認証センサーです。
Power ボタンでマシンの起動は可能なので、指紋認証によるPower on の
メリットを感じていませんでした。なので、シャットダウン時には指紋認証センサーが
off となるように設定することにしました。

はて、どうやったらシャットダウン時に指紋認証センサーを無効にできるのか…
BIOSで行うのか、それともWindows上で設定可能なのか…
マニュアル等で調べると、どうやらWindows上で設定が可能なようです。

ThinkVantage指紋認証ユーティリティを起動し、設定をクリックします。
そして、パワーオンセキュリティのところにある
「パワーオンボタンではなく指紋スキャンを使用する」のチェックを外します。
指紋認証_パワーON時有効→無効_20110717

まずは、問題なくWondowsにログオンできるかどうか確認しました。
X220をシャットダウンし、指紋認証センサーの緑色LEDがシャットダウン時には
光らなくなるのを確認しました。引き続きPower ボタンを押し、マシンを起動します。
Windowsが立ち上がり、ちゃんと指紋認証センサーを使用したログオンが可能でした。

動作はOKなので、また1週間シャットダウン状態で放置し、バッテリの消費を確認しました。
ビンゴ!シャットダウン時の電力喰いは指紋認証センサーが主犯でした。
1週間後でもバッテリ残量は99%でした。

それにしても、ThinkVantage指紋認証設定画面の日本語は
正確ではないですね。私には、それを読んだだけでは本当の
動作が理解できません。
「パワーオンボタンではなく指紋スキャンを使用する」とありますが、
実際にはパワーオンボタンも使用することができるのです。
原文の英語がどのようになっているか見てみたいものです。

◆AmazonでThinkPadX220の関連グッズを確認する◆

コメントの投稿

非公開コメント

広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。