役に立った書籍:Windowsインフラ管理者入門

最近、Windowsで製品のデモ環境構築をしていて、技術的な調べものに
「Windowsインフラ管理者入門」という書籍が、環境を理解したり
トラブルシューティングにとても役立ちました。
Windowsインフラ管理者入門
◆Amazon で「Windowsインフラ管理者入門」を確認する◆

なかでも、Internet Explorerのプロキシサーバーの設定で、
『4.2.4「ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない」の意味』の
ページが目からうろこでとても役にたちました。
普通に考えると、同一セグメントにあるマシンなんかは、
Windowsはローカルアドレスと認識してくれるものとして
私たちは思い込んでしまいがちですが、この本による説明では
Windows設定画面で言っている『ローカルアドレス』とは、
『名前に「.」(ドット)が含まれていないもの』ということで、
Windowsが何を根拠にローカルと判断しているのかが明確に書かれています。
この理屈を理解していると、目的のサーバーに接続できないとかの
無用なトラブルで悩むことがなくなりますね。

書籍の価格は高いですが、おすすめの1冊です。
残念なのは、Kindle等電子版がまだ無いことかな。。。
◆Amazon で「Windowsインフラ管理者入門」を確認する◆

これは便利 iPadで使えるファイル管理アプリ Documents

iPad ではユーザーにファイルをあまり意識させないようになっていますが、Windows 使いが iPad を使い始めて疑問に思うのがファイルの管理方法ですね。こんな中、AppStore で Documents という無料ソフトに出会いました。Documents は、「高速 PDF リーダー、メディアプレーヤー、ダウンロードマネージャ」 と謳われていますが、ファイル管理アプリにビュアーが付いたものと考えるとわかりやすいです。

Documents には、ビューアー機能やクラウド上のストレージとのファイルやり取り機能がありますが、私が一番欲しかったので、Windows PC と直接ファイルの交換ができる機能です。以下に、設定・操作方法のメモを残します。

1. Documents の入手とインストール
 Documents を AppStore から入手します。無料です。
 Documents-icon

2. Wi-Fi ドライブの設定

 (1) スクリーン左上の設定ボタンをタッチ
  20150201_Documents_01.jpg

 (2) ドライブを使用可能にする
  20150201_Documents_02.jpg
  ・「ドライブを使用可能にする」をON にする
  ・「パスワードを確認」をON にする
  ・「ユーザー名」と「パスワード」をセットする
  ※パスワード設定しなくても、PC から WebブラウザでDocumentsのファイルにアクセスする場合は、iPad 側にアクセスを許可するかどうか尋ねてきますが、PC のファイルエクスプローラーからネットワークドライブでのアクセスの場合 iPad側に許可を求めてこないので、特に不特定多数が同一ネットワークを使用している場合には、パスワードのセットは必須です。

  ※PC側からは、IPアドレスを指定することになりますが、ヘルプを開くとアクセスすべき IP アドレスを知ることができます。
   20150201_Documents_03.jpg
 以上で iPad 側の設定は終わりです。

3. Windows PC のWeb ブラウザからの Documents のファイルへのアクセス
 ブラウザを開いて ip アドレスを入力するだけです。
 例) http://192.168.11.10/
 20150201_Windows_01.jpg
 ※Web ブラウザからのアクセスの場合は、ファイル1つずつのコピーとなってしまい、効率が悪いです。複数のファイルやフォルダ単位に転送したい場合は、下のファイルエクスプローラーからの方法で行います。

4. Windows PC のファイルエクスプローラーからの Documents のファイルへのアクセス
 こちらはPC側でネットワークドライブの割り当てをまず行います。
 (1) ネットワークドライブの割り当て
  20150201_Windows_02.jpg
  ・ファイルエクスプローラーを開き、コンピューターを右クリックして、
   [ネットワークドライブの割り当て(N)...]を選択する。
  ・割り当てたいドライブを選択し、フォルダーにアドレスを入力する。
   例)http://192.168.11.10
   ※[ログオン時に再接続する]は、チェックを外しておいたほうが良いです。
  ・[完了]をクリックする。
  ・Windows セキュリティに上記で設定した
   ユーザー名とパスワードを入力して[OK]をクリック
   20150201_Windows_04.jpg

 (2) ネットワークドライブの使用
  ネットワークドライブとして、Documentsのフォルダとファイルが見えるようになります。
  20150201_Windows_05.jpg

4. 実際の使用方法メモ(MS パワーポイントのプレゼンを iPadで行う)
 (1) ファイルを選択する
   20150201_ipad_ppt_01.jpg

 (2) Documents のビューアーで表示される
   20150201_ipad_ppt_02.jpg 20150201_ipad_ppt_03.jpg
   縦表示       横表示
   ※Documents のビューワーではパワーポイントファイルを表示できるものの、
    レイアウトが崩れることがあります。現在では無料で入手できるようになりましたので、
    MS パワーポイントを使用するのが良いと思います。

 (3) MS パワーポイントでファイルを開く
   [開く]を選択する
   20150201_ipad_ppt_04.jpg

   
   [PowerPointで開く]を選択する
   20150201_ipad_ppt_05.jpg

 (4) MS パワーポイントが起動する
   20150201_ipad_ppt_06.jpg

 (5) スライドショーを開始する
   20150201_ipad_ppt_07.jpg 20150201_ipad_ppt_08.jpg


以上、何かのお役に立てば幸いです。



見つけました。iPad Air 2 + Smart Case が収納できるスリーブケース ELECOM TB-A12NC2GY

以前購入したサンワサプライ iPad Air 用 スリップインケース PDA-IPAD53 は、Smart Case を装着した iPad Air 2 を格納するにはキツキツ過ぎて使い物になりませんでしたが、今回やっとフィットするスリーブケースを見つけました。

私の場合、Smart Case を装着済みであり、iPad Air2 を縦の状態でカバンに入れて、iPad 本体の出し入れが簡単なことを条件としています。
・iPad2 に Smart Case を装着した状態で格納できること
・スリーブケースは縦の状態で上部から出し入れできること
・チャックでないこと

こんな条件でいろいろ探していたのですが、iPad2 用の ELECOM のスリーブインナーケース TB-A12NC2GY がジャストフィットしました。
ELECOM_TB-A12NC2GY_00
◆Amazon で ELECOM スリーブインナーケース iPad Retinaディスプレイモデル対応 9.7インチ対応 スリップオン グレー TB-A12NC2GY を確認する◆


縦横サイズは、ほんとピッタリです。 iPad Air2 をほどよい抵抗感で格納することができます。縦もピッタリでケースからはみ出ることはありません。
ELECOM_TB-A12NC2GY_01
本当は、カバンに入れた状態で、スリーブケースには手を触れずに iPad Air2 の入れ出しをしたかったのですが、決してきつ過ぎることはないのですが、程よくフィットしているので、スリーブケースを押さえながらでないと、取り出せません。ま、スリーブを持った状態でiPad Air2 がスルリと抜け落ちてしまうことは無いフィット感なので良しとします。

なにかの参考になれば幸いです。
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR