Dell Studio 1558 の HDD を SSD に換装する

知人のDell Studio 1588 の起動が遅くて新しい PC への買い換えを考えていると聞きつけたので、実際に知人の Studio 1558 の起動を確認してみました。するとほんとに遅い。Windows にログインしてから使えるようになるまで数分かかり、HDD起動にしても本当に遅く感じました。たぶん OS をインストールし直すだけでももっと早くなるでしょう。知人の 1558 は、購入後 3年を過ぎてはいるもののそれほど使い込んでなく、外観もきれいだったのでまだまだ使えると判断し、OS の再インストールと SSD への換装を提案し、作業を手伝うことにしました。

SSD はいろいろ出てますが、今回は「シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps」を使ってみました。このシリーズには、容量が 128G, 256G, 512G とあり、大容量物はそれなりの金額なので、値段と容量のバランスを考えて 256G を知人に推薦しましたが、知人は大容量の512Gが良いということなので、高いと思いましたが本人の選択なので、3万円をゆうに超えている512G モデルを選択しました。

◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 512GB CSSD-S6T512NHG5Qを確認する◆
◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Qを確認する◆
◆Amazon でシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Qを確認する◆

Dell Studio 1558 の HDD 換装はとっても簡単で、裏蓋をはずして、現在装着されている HDD を Studio 1558 からとりはずし、さらに HDD に取り付けられているマウンターをはずしました。

そのマウンターはそのまま新しい SSD に取り付けて、Studio 1558 に組み込みました。サイズはぴったりでした。

装着後、電源 ON にし、BIOS 画面を表示するとなんの問題もなく認識されていたので、そのまま OS のクリーンインストールを行いました。

さてさて、お決まりの性能比較です。

 換装前 HDD のエクスペリエンスインデックス
 換装前 HDD のエクスペリエンスインデックス
 換装後 SSD のエクスペリエンスインデックス
 換装後 SSD のエクスペリエンスインデックス

 換装前 HDD 測定結果  換装後 SSD 測定結果
 換装前 HDD のCrystalDiksMark  換装後 SSD のCrystalDiksMark

オリジナルの HDD に比べると SSD は当然ながらかなり早くてとても快適に 1558 が使えるようになりました。これであと数年はこの PC を使い続けることができそうです。

以上、なにかの参考になれば幸いです。
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR