スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkStation E31 システム リカバリ ディスクを複数回作成する

前回の『ThinkPad X220 システム リカバリ ディスクを複数回作成する』から1年以上経過し、そこで紹介した方法では X230 のシステム リカバリ ディスクを作成できないとのメッセージをもらっていましたが、手元に実機がなかったため調査できていませんでした。
今回新しく ThinkStation E31 を購入したのですが、X220 と同じ方法でシステム リカバリ ディスクを複数回作成できないようなので調査しました。ネットを調査したり、実際に E31 で動かしてみて、複数回作成することに成功しましたので、ご紹介します。
なお、「Microsoft Windows ライセンスで作成が許可されているデータ・メディアは1つのみです。」とのことですので、実施するのはデータ・メディアが破損してしまった時等に限定してくださいね。

1.はじめに
 システム リカバリ ディスクが 2 回以上作成できないようにするための情報を
 持たせる方法が2012年になってから変更されたようです。
 今後は(2) の方法になっていくのではないでしょうか。

 (1) 前回 X220 の時
  ・service_done.ini の設定による方法

 (2) 今回の E31 や X230での方法
  ・RECOVERY.INI のデータ・ストリームの設定による方法

 フォルダー・ファイルの表示オプションを設定したのにもかかわらず、
 service_done.ini が見つからない場合は、(2)となっている可能性大です。

 今回は、この(2) の場合の対処方法です。 

2.システム リカバリ ディスクを複数回作成する方法
 ※サムネイル画像をクリックすると大きな画像を表示します。

 (1) すでにシステム リカバリ ディスクを作成している場合
   再度作成しようとしても以下のダイアログが表示されて先にすすみません。
   データ メディアは1つのみ

 (2) フォルダー・ファイルの表示オプション設定
  例によって、フォルダーオプションですべてのファイルが見えるようにします。
  -「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」←選択する
  -「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推薦)」←チェックを外す
  これで、フォルダ・ファイルが見えるようになります。

 (3) 設定変更するファイルを作業フォルダにコピーする
  Q:\FactoryRecovery\RECOVERY.INI を作業用のフォルダにコピーします。
  例では、Cドライブに test2 というフォルダを作成して、そこにコピーしました。
  ※コピーせずに作業しても構いませんが、間違ってファイルを壊してしまっても
   大丈夫なようにコピーしています。
  INIファイルを配置

 (4) RECOVERY.INI のデータ・ストリームの設定変更
  CMDによる値の変更
   ※この例では C:\test2 に RECOVERY.INI がコピーしてあります。
   ① CMDを起動する
    ・スタート -> プログラムとファイルの検索にCMDと入力してエンター

   ② 作業用フォルダに移動する
    ・cd C:\test2

   ③ 変更前のRECOVERY.INI のデータストリーム内容の表示
    ・more < RECOVERY.INI:Done

   ④ データストリームの内容を 0 に変更する
    ・echo 0 > RECOVERY.INI:Done

   ⑤ 変更後のRECOVERY.INI のデータストリーム内容の表示
    ・more < RECOVERY.INI:Done

 (5) 変更後の RECOVERY.INI を 元の Q:\FactoryRecovery に戻す

 (6) リカバリー メディア ディスクを作成する
   Create Recovery Media ディスクを作成する
   ※ThinkStation E31 の場合も USBメモリは 16GB の容量のものが必要です。
    ◆Amazon で 16GB USB3.0 メモリを確認する★

3.参照させていただいたサイト・ブログ
 解決方法にたどり着くまでには、たくさんのサイトやブログにお世話になりました。
 以下、参照元をリストします。各サイトの管理人様、ありがとうございました。
 
 パソコン人柱報告 - 何回もリカバリーディスクを生成する方法・・・ThinPad X230
 バグのある生活 - リカバリメディアを何度でも作る方法[まとめ]
 @IT - streamsコマンドでNTFSの代替データ・ストリーム情報を表示/削除する
 Windows Sysinternals > ダウンロード > ファイルとディスク > Streams
スポンサーサイト

USB3.0 延長ケーブル

ThinkStation E31 は残念なことに、前面パネルの USB コネクタは
2.0 規格で USB3.0 コネクタは出ていないんですよ。
これからは、3.0 規格の USB メモリとかポータブル HDD が主流に
なるというのになんで背面にだけ USB3.0 を配置したのか理解できません。

私はすでに USB3.0 機器をメインとしているので、いちいち
背面のコネクタに接続するのは非効率です。
データサイズが小さければ 2.0 コネクタでも我慢するのですが、
VM イメージとかコピーすることも多々あり、
USB2.0 を使用するわけにはいかないんです。

ということで、USB3.0 機器の接続がやりやすいように
USB3.0 延長ケーブルを机の手元まで伸ばしておくことにしました。

購入したのは、TSdrena USB3.0 延長ケーブル 1.8m Black SPM-CEUB3-18-K です。
ケーブル類としては珍しく、パッケージの袋に保証書がついていました。
Amazon での説明によると
ご利用環境での製品相性保障
初期不良およびご利用環境で正常に動作しない場合、お客様へ送料等ご負担いただくことなく返金・返品を
承りますのでご注文より30日以内にご連絡いただきますようお願いいたします。

半年間の製品保証
製品に保証書シールを貼付しております。製品購入後半年間であれば無償にて返品交換・返金対応させて頂きます。」
とのことで、自分の環境でうまく動作しなくても安心ですね。
USB3.0延長ケーブルパッケージ

USB3.0 ケーブルなのでコネクタ内部の部品が青色です。
ケーブルの直径は 5mm ぐらいで、ポータブル HDD に付属しているケーブルよりも
ひと回り太いです。取り回しは少しやりずらくなりますが、
しっかりしていて安心感があります。
USB3.0延長ケーブル

私の環境では何の問題もなく USB3.0 として機器を接続することができました。

性能テストもしてみました。以下に掲載します。

環境は、
・PC : ThinkStation E31 CPU : Xeon E3-1270V2, Memory : 8GB
・USB3.0機器 : WD My Passport Essential SE USB3.0 1TB
です。

左が USB3.0延長ケーブルを使用したとき、右がダイレクトに接続したときです。
USB3.0ケーブルパフォーマンステスト ダイレクトで接続したときのテスト
双方とも同じぐらいの結果で、このぐらいの違いは同じ環境でも
計測するときの状態でバラつく範囲内かなと思います。
延長ケーブルによる損失は無いと考えて良いかなと思います。

延長ケーブルは、1本では足りなかったので、次回も同じものを
オーダーするつもりです。

◆Amazon で TSdrena USB3.0 延長ケーブル 1.8m Black SPM-CEUB3-18-K を確認する◆

1000 円前後で買える USB3.0 メモリの性能測定

1,000円前後で買える USB3.0 メモリの性能測定をしました。

購入したのは、
・BUFFALO USB3.0/2.0用 USB メモリー RUF3-K16G-WH
・シリコンパワー USB3.0 フラッシュメモリ SP016GBUF3M01V1B
の2種類で、どちらも16GBの容量です。
◆Amazon で BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー 16GB RUF3-K16G-WH を確認する◆
◆Amazon でシリコンパワー USB3.0フラッシュメモリ 16GB SP016GBUF3M01V1B を確認する◆

測定は、おなじみの CrystalDiskMark で行いました。
PCは、ThinkPad X220 CPU i7-2620M で、
内臓のUSB3.0インタフェースへ接続しました。

測定結果の前に、今回遭遇した事象も紹介しておきます。
事象その1:
 初回のシリコンパワーのUBSメモリを接続後、
 「スキャンして修復しますか?」というダイアログが表示されました。

 以下のように、ドライバソフトウェアのインストール完了後、
「スキャンして修復しますか?」が表示されました。
 シリコンパワー初回接続

 スキャンしましたが、問題は見つかりませんでした。
 03_スキャン結果

 実は、シリコンパワーのUBSメモリは2個購入したのですが、
 これが表示されたのは1つだけです。

事象その2:
 シリコンパワーのUBSメモリのテストを
 CrystalDiskMark で行うと、Random Write 4KBの
 4/5 もしくは 5/5 で先に進まなくなってしまう。
 CrystalDiskMark のボタンは押せるものの、
 何をしても CrystalDiskMark を終了することができません。
 以下のウィンドウは、正常に動作中に見えますが、この状態で前に進まなくなります。
 途中でフリーズ

 Stopボタンをクリックしても終了せず、
 タスクマネージャーからの強制終了も不可能になってしまいました。
 PCのシャットダウンもログオフがいつまでたっても終わらず、
 PCの電源ボタンを長押しすること以外、終了させる手立てが
 なくなってしまいます。これは、購入した2個両方で発生しました。

その後、実験で判明したこと:
・USB2.0コネクタに接続しても発生する
・テストサイズを 1,000MB から 100MB に変更しても同様に発生する
・NTFS形式でフォーマットされていると正常に終了する

ということで、以下はテスト結果です。

1.BUFFALO USB3.0/2.0用 USB メモリー RUF3-K16G-WH
 左 FAT 形式       右 NTFS 形式
 BUFFALO USB3.0 FAT形式 BUFFALO USB3.0 NTFS形式

2.シリコンパワー USB3.0 フラッシュメモリ SP016GBUF3M01V1B
 ①2本購入したうちの1本
  ※「スキャンして修復しますか?」というダイアログが表示されたメモリ
 左 FAT 形式       右 NTFS 形式
 BUFFALO USB3.0 FAT形式 BUFFALO USB3.0 NTFS形式

 ②2本購入したうちのもう1本
 左 FAT 形式       右 NTFS 形式
 ①シリコンパワー USB3.0 FAT形式 ①シリコンパワー USB3.0 NTFS形式

感想
BUFFALOのUSBメモリは 3.0 の普通のレベルにあると感じました。
シリコンパワーは 3.0 にしては遅い印象です。
ネット上では、シリコンパワーでもっと良い成績の記録も見ることが
できるのでこれは製品のロットの違いとかなんでしょうかね?

あと、4kQD32のリード測定なんかだと、BUFFALO よりもシリコンパワーのほうが良かったりしていたりします。

◆Amazon で BUFFALO USB3.0/2.0用 USBメモリー ホワイト 16GB RUF3-K16G-WH を確認する◆

◆Amazon でシリコンパワー USB3.0フラッシュメモリ 16GB アイシーブルー SP016GBUF3M01V1B を確認する◆

◆Amazon で 16GB USB3.0 メモリを確認する★
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。