スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player で遊ぶ その5 : 仮想マシン設定で Intel VT-x/EPT を有効にすると性能は向上するか?

X220 は、Intel VT-x/EPT が有効なマシンなので、
VMware の VM でもこれを有効にすると性能が向上するかチェックしてみました。

まず、先日インストールした Windows 8 Release Preview 上で、
VirtualChecker を起動してIntel VT-x/EPT が無効なのを確認しました。
Intel VT-x/EPT 無効

で、このときのエクスペリエンス インデックスがこれです。
エクスペリエンス インデックス(後)

次に、一度 Windows 8 Release Preview をシャットダウンし、仮想マシンの設定で、
VT-x/EPT を有効にし、起動します。(クリックで大きな画像が出ます)
設定

VirtualChecker を起動して確認です。Intel VT-x/EPT が有効になりました。
VT-x/EPT 有効

で、有効にした後のエクスペリエンス インデックスがこれです。
エクスペリエンス インデックス 有効後

有効前と変化はありませんでした。

◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆
◆Amazonで Windows8 の関連グッズを確認する◆
スポンサーサイト

VMware Player で遊ぶ その4 : VMware Tools を入れるとエクスペリエンス インデックスはどうなるか?

前回の Windows 8 Release Preview インストールの際に、
VMware Tools を入れていなかったので、入れてみました。

1. VMware のツールバー -> 仮想マシン(V) -> VMware Tools のインストール
 をクリック

2. 自動起動しなかったので、エクスプローラーで DVDドライブをダブルクリックして
 インストーラーを起動しインストール
VMware Tools installer

エクスペリエンス インデックスがどうなるかも計測しました。
これが結構向上するんですね。グラフィクスがかなり良くなっています。

VMware Tools 導入前 
エクスペリエンス インデックス

VMware Tools 導入後
エクスペリエンス インデックス(後)

◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆
◆Amazonで Windows8 の関連グッズを確認する◆

VMware Player で遊ぶ その3 : Windows 8 Release Preview を使ってみる

Windows 8 初体験です。

まず、VMware Player を起動して、Windows 8 の仮想マシンを再生します。
Windows8 仮想マシン再生

起動中画面がでます。
起動中

おお、綺麗な画面がでてきました。
Windows8 画面

画面をクリックするとログオン画面が出てきましたので、
パスワードを入力して矢印のボタンをクリックします。
ログオン画面

話題のメトロ画面が出てきました。
メトロ
なんでも最近の話では、「メトロ」の使用は問題があるらしく、
「Modern UIスタイル」となるらしいです。
あ、それからVMware のウィンドウ表示になっているので、
縦方向の画面がすべて表示されていませんが、これは
全画面表示で解決します。

まだメトロの使い方がさっぱりわからないので、とりあえず、
「デスクトップ」のタイルをクリックしました。
デスクトップ
見慣れた画面がでてきましたが、[スタート]ボタンもなく、
アイコンのある IE と エクスプローラー以外起動できません。

タスクバーを右クリックすると[タスクマネージャー]が起動できました。
タスクマネージャー1

「実行中のアプリはありません」と表示されたので、
[詳細]をクリックしてみました。さらに[パフォーマンス]タブをクリックしました。
タスクマネージャー2
起動直後は、600MB程度のメモリ消費のようです。

さてさて、デスクトップからできる事ももうないので、
メトロ画面に戻ろうとしましたが、どうやって戻れるのかわかりません。
ネットで調べると Windows キー で戻れるとのことでした。

メトロ画面でタイルをクリックしてアプリを起動しました。
アプリ起動後はタイルに情報が表示されますね。
メトロ2

ネットで調べて、タイル以外のアプリケーションの表示方法が
わかりました。タイル以外の部分を右クリックすればよいのです。
すると[すべてのアプリ]が出てきます。
すべてのアプリ

クリックするとアプリケーションのアイコンが現れます。
すべてのアプリ画面
画面を右にスクロールさせると、もっとWindows アプリが出てきます。

そんなことをやっているうちに、コンピューターのプロパティも
表示することができました。
コンピューターのプロパティ

ついてにエクスペリエンス インデックスも評価しました。
エクスペリエンス インデックス
今一歩の結果ですね。あとで、VMware Tools を入れて比較してみようと思います。

最後にシャットダウンですが、これがまたわかりにくいです。
Windows キーを押しながら C キーを押すと電源ボタンも表示されるので、
クリックするとシャットダウンか再起動を選択できます。
設定

または、Ctrl+Alt+Del で出てきた画面の右下に電源ボタンがあるので、
ここからもシャットダウンか再起動を選択できます。
CTRL ALT DELL


ということで、シャットダウンできました。
新しい UI ということでしばらくは苦労したりイライラしそうですが、
そのうち慣れるかなと思います。
でも、自分としては、スタートからプログラムを選択できる UI は
以前と同じように付けて欲しいですね。

◆Amazonで Windows8 の関連グッズを確認する◆
◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆

VMware Player で遊ぶ その2 : Windows 8 Release Preview を入れてみる

Windows 8 Release Preview がダウンロード可能になってから
だいぶたちますが、やっと仕事に少し余裕ができて土日が自由になったので、
VMware Player 上にインストールしました。
VMイメージは、mSATA SSD の C ドライブ上に保管したこともあり、
短時間にインストールは終わりました。

1.Windows 8 Release Preview のダウンロード

 ここ Windows 8 Release Preview から ISO イメージのダウンロードページに
 たどり着けます。
 VMware Player ではこの ISO イメージをそのまま使用できるので、
 ディスクのどこかに保存しておきます。
 ちなみに私は、64ビット版をダウンロードしましが、メモリを 2GB 必要とするので、
 搭載メモリの少ない方は 1GB のメモリで OK な 32ビット版のダウンロードを
 おすすめします。


2.VMware Player での新規仮想マシンの作成のための設定
 (1) VMware Player を起動し、[新規マシンの作成] をクリックします
  VMware Player 新規マシンの作成

 (2) 新しい仮想マシンウィザード
   a. [後で OS をインストール] を選択し次へ
    後でOSをインストール

   b. [Microsoft Windows] と [Windows 7 x64]を選択し次へ
    Windows 7 x64

   c. 仮想マシン名を適当に付けて、場所はとくにいじらずに次へ
    仮想マシン名

   d. [仮想ディスクを単一ファイルとして格納] を選択して次へ
    ディスク容量の指定

   e. [ハードウェアをカスタマスタマイズ] ボタンをクリック
    ハードウェアをカスタマイズボタンクリック

   f. メモリに 64ビット版で最低限の 2048MB、
     CD/DVD(IDE) にダウンロードしたインストーラーの
     ISOイメージのファイルを指定して OK ボタンをクリック
    仮想マシン設定

   g. 完了 ボタンをクリック
    仮想マシンを作成する準備完了

3.Windows 8 Release Preview のインストール
 (1) 仮想マシンの再生
   仮想マシンの再生

 (2) Windows 8 Release Preview インストーラー起動
   a. インストーラー起動
    インストーラー起動

   b. 言語の設定等はそのまま次へ
    言語等の設定

   c. [今すぐインストール] をクリック
    今すぐインストール

   d. インストーラーダウンロード時に取得した
     ライセンスキーを入力して次へ
    ライセンスキー入力

   e. ライセンス条項に同意して次へ
    ライセンス条項

   f. カスタムをクリック
    インストールの種類

   g. ドライブ 0 を選択して次へ
    インストールの場所

   h. インストールが開始される
    Windows をインストール

   i. 途中再起動が2回入る
    再起動

   j. PC 名を適当に入力して次へ
    パーソナル設定-PC名

   k. [簡易設定を使う]をクリック
    簡易設定選択

   l. 私は、メールアドレスを入れたくなかたので、
     [Microsoft アカウントを使わずにサインインする]をクリック
    PCへのサインイン

   m. ユーザ名とパスワードを設定して完了
    ユーザ名とパスワード

   n. もう少しで完了
    もう少しで完了
    間もなくPCの準備が整います

   o. Windows 8 スタート画面の表示
    スタート
     画面の解像度は、最低1,024x768 なので
     X220 上の VMware のウィンドウ表示では入りきらなですね。
     ま、全画面表示にすれば良いだけですが。。。

◆Amazonで Windows8 の関連グッズを確認する◆
◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆

ThinkPad X220 増強作戦 その4:X220 に 2千円で USB3.0 ポートを追加する

*** 2013/12/08 追記 始め ***
ここで紹介している PITAT-USB3.0/EC34 ですが、
USB機器を取り外すために
「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を行うと、
それ以降USB機器を PITAT-USB3.0/EC34 に接続しても認識しなく
なる事象が私の環境では発生しています。
再起動すれば認識しますが、いちいち再起動するなど
有り得ないと思います。
全ての環境で同じ事象が発生するかわかりませんが、
報告しておきます。
*** 2013/12/08 追記 終わり ***

一度 USB3.0 の速さを知ってしまうと、もう 2.0 のノロノロには
戻れなくなりますね。ExpessCard の USB3.0 インタフェースが
2,000円位で買えるので、USB3.0 ポートが無い X220 ユーザのかたは
追加してみてはどうでしょうか。

自分の X220 は CPU に i7-2620M を選択したので、
最初から UBB3.0 ポートが 1つ装備されているのですが、
今回、他のPC 用に玄人志向の ExpressCard/34/54対応USB3.0カード
PITAT-USB3.0/EC34 を購入したので X220 でもテストしてみました。

玄人志向 PITAT-USB3.0/EC34
PITAT-USB30EC34
このカード自体は Express Card/34 なのですが、
写真のように黒いプラスチックのアダプタが付属しているので、
X220 のような ExpressCard/54対応 の PC にも安定して
装着できました。

カードは装着すると、宣伝文句通りにすっぽりと X220 に収まるので、
カードを装着したまま PC を持ち運ぶに時も邪魔になりません。
装着の図
ただし、ぴったりすぎるが故の欠点もありました。
カードを引き出すことが難しいのです。
X220は、カードをさらに奥に押し込むことにより、
カードが飛び出す仕組みにはなっていませんので、
カードを抜き出すために引っ張るのが難しいです。

私は、USBケーブルを利用してカードを引き出しましたが、
入れっぱなしにするか、頻繁に抜き差しする場合は、
何かベロとなるものをカードに貼り付けておいて、
抜く時はそのベロを引っ張るようにしたらいいと思います。

さて、速度のテストです、今回は元から内蔵のUSB 3.0 ポートと
比較してみました。テスト接続したハードディスクは、
Buffalo HD-PCTU3 USB3.0 1TB です。

左:PITAT-USB3.0/EC34、右:内蔵の USB3.0 の結果です。
PITAT-USB30EC34のテスト結果 内蔵 のUSB3.0テスト結果
Seq の結果は、PITAT-USB3.0/EC34 のほうが良いですね。
ただ、メモリ増設とmSATA SSD 増設実施前の以前の記事での
内蔵の USB3.0 インタフェースの結果を確認してみると、
PITAT-USB3.0/EC34 よりも 内蔵 USB3.0 のほうが良い記録でした。

メモリ増設とmSATA SSD 増設を行なう前の内蔵 USB3.0 の結果
HD-PCTU3 USB3.0接続

★Amazonで玄人志向 PITAT-USB3.0/EC34を確認する★
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。