スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X220 増強作戦 その2 : 1万円で mSATA SSD 128GB を増設する①増設編

今回は、ThinkPad X230 の発売にめげないために、X220 に
約 1万円で mSATA SSD 128GB を増設するまでの記事です。
※ 実際には、12,480円で mSATA SSD 128GB を購入しています。
※ 以下のサムネイル画像はクリックすると大きな画像が出ます。

みなさん、X220 には mSATA SSD の増設スペースがあり、
今ある HDD または SSD との共存が可能ということをご存知ですか?

私は、メモリを 16GB に増設するためにネットで調べているうちに、
既存の HDD または SSD を残したまま mSATA SSD が増設可能と
いうことを知りました。
ハードウェア メインテナンス マニュアルより抜粋
ハードウェア メインテナンス マニュアル には
mSATA SSD の取り外し手順が書かれていますが、
mSATA SSD は購入時に選択できなかったので空きになっているはずです。

※※※注意※※※
 Lenovo ThinkPad X220 Upgrade Guide によると、
 このスペースがすでに占有されているケースもあるようなので注意しましょう。
 If you ordered your notebook with the WWAN (embedded 3G/4G) option,
 this slot will be occupied, in which case it’s probably not a good
 idea to upgrade with an mSATA SSD.
※※※注意(おわり)※※※

ということで、mSATA SSD を OS 用、今までの HDD はデータ用とすれば、
SSD による高速起動が可能になり、データも 300GB 近く保存できることになります。

さっそく mSATA SSD を購入です。
私は、Crucial の m4 mSATA SSD Series 128GB CT128M4SSD3 を購入しました。
とっても小さいのにビックリです。
Crucial m4 mSATA SSD Series 128GB CT128M4SSD3 CT128M4SSD3 その1 CT128M4SSD3 その2

※参考資料
ASCII.jp 記事 : 「Crucial m4 SSD」シリーズにmSATAモデルが加わる

◆Amazonで Crucial 128GB mSATA接続SSD SATA6Gbps CT128M4SSD3 を確認する◆

※※※ mSATA SSD を増設しようとする方への注意 ※※※
 ・mSATA SSD の取り付けには、キーボードとパームレストの取り外しが
  必要なので、メモリ交換や HDD から SSD への交換に比べて難易度は高いです。

 ・改造にあたると思われますので、メーカー保障が利かなくなる可能性があります。

 ・バージョンの古い BIOS では mSATA SSD を認識しないようです。
  自分のケースでは、v1.12 では認識せず、v1.28 にバージョンアップして
  認識することができました。

 ・最初から付属する HDDやSSD は、そのまま使い続けることができますが、
  不測の自体に備えて、事前にデータのバックアップを行いましょう。
※※※mSATA SSD を増設しようとする方への注意(終わり)※※※

● mSATA SSD 増設手順の記録

ハードウェア メインテナンス マニュアル に手順が記載されていますので、
 併せてチェックしてみてください。

(1) 始めに、X220から電源ケーブルを抜き、バッテリーも外します。

(2) X220 の裏面からネジを7本外します。
  赤印のネジがキーボード、黄印のネジがパームレスト
  を外すためのネジです。
  ネジ外し

(3) キーボードを液晶側にずらしながら、パームレスト側を上に上げて
  外していきます。
  キーボード外し

(4) キーボードからは内部のボードへ配線されているので、
  丁寧にコネクタを外します。
  キーボードコネクタ外し

  外した後の様子。赤い四角内は、外した後のキーボード用のコネクタ
  キーボード用コネクタ

(5) パームレストの取り外し
  指紋センサー付きモデルの場合は、パームレストを
  取り外す前にコネクタから配線を外します。
  ・左は、外す前の状態
  ・中はコネクタの爪を上に上げた状態
  ・右は配線のベロを引っ張って配線を引き出した状態
  指紋センサー用コネクタ1 指紋センサー用コネクタ1 指紋センサー用コネクタ3
  
  指紋センサーの配線が外れたら、パームレストのキーボード側から
  上に持ち上げて、取り外していきます。
  パームレスト外し後

  mSATA SSD を格納する部分が現れます。
  ネジ穴には、固定用ネジが付属していて、mSATA SSD の装着に
  そのまま使えます。
  増設エリアズームアップ

(6) mSATA SSD の装着
  メモリモジュールを装着する要領で、mSATA SSD を斜めに
  コネクタに挿入します。
  メモリ装着
  
  斜めになった mSATA SSD を水平にし、装着スペースにあった
  ネジで固定します。さらに、コード類をテーピングし、安定させます。
  mSATA SSD 装着後

(7) パームレストの装着
  取り外すのと逆の手順で、指紋センサーのコネクタを装着します。
  指紋センサーコネクタ

  パームレストは、まずキーボード側をはめてから、手前側もパチッと
  音がして位置にはまるまで押します。

(8) キーボードの装着
  キーボードからの配線をコネクタにはめます。
  キーボードコネクタ

  キーボードは、数字キー側から X220 に装着し、装着後、
  スペースキー側にズラして所定の位置にあわせます。
  キーボード装着

(9) ネジの装着
  X220 を裏面にし、ネジを7本装着します。
  ネジ外し

(10) 最後に、X220 へバッテリーを装着し、電源ケーブルも接続します。


● 電源投入

 以下は、電源投入後、BIOS 設定画面に入り、BOOT 順番の設定画面です。
 増設した、mSATA SSD(CT128M4SSD3)が認識されていることがわかります。
 BIOSブートシーケンス

 上にも書きましたが、実は初回の起動では mSATA SSD を認識しませんでした。
 原因は、BIOS のバージョンで、v1.12 から v1.28 にバージョンアップすることで
 認識することができました。

 今回は、ここまでです。次回は、電源投入後からOSが起動するまでを紹介します。
 mSATA SSD が起動ドライブにならずに苦労しましたので、このへんを中心に紹介
 します。

スポンサーサイト

VMware Player で遊ぶ その1 : VMware Player のインストール

VMware Player を知っていますか?
VMware 社が出しているフリーの VM 環境ソフトウェアで
普段使用している Windows 7 とかの OS 上に仮想マシンを
作って OS を動かしちゃおうというものです。
Windows の上で、Linux OS を動かしたりできるものです。

Windows Virtual PC があるからいらないという人もいると思いますが、
Windows Virtula PC は、64ビットOSが乗らなかったり、統合モードに
しないと仮想VM上の OS とホストマシンの OS 間でカットアンドペースト
が出来ないといった不便さがあったりするので、VMware Player も
インストールしてみることをお勧めします。

1.インストーラーの入手
 VMware Player は以下からダウンロードできます。
 ダウンロードにはユーザ登録が必要なので少々面倒です。
 VMware Player ダウンロード

2.インストール
 ダウンロードしたインストーラーを実行します。

 VMware Player のインストール ウィザードへようこそ
  [次へ(N)]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード1

 インストール先フォルダ
  インストール先を変更したければ、[変更]
  そのままで良ければ、[次へ(N)]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード2

 ソフトウェアの更新
  起動時に製品の更新確認をしても良ければ、そのまま[次へ(N)]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード3

 ユーザー エクスペリエンス改善プログラム
  VMware Player の改善に協力するでよければ、そのまま[次へ(N)]をクリック
  私は、チェックを外しました
  VMware Player インストール ウィザード4

 ショートカット
  そのまま[次へ(N)]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード5

 要求された操作を実行する準備ができました
  そのまま[続行(C)]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード6

 要求された操作を実行しています
  セットアップが終わるまで待ちます。
  VMware Player インストール ウィザード7

 セットアップ ウィザードの完了
  [今すぐ再起動]をクリック
  VMware Player インストール ウィザード8


3.再起動
 再起動すると VMware Player のアイコンがデスクトップとスタートに登録されています。
   VMwareP_デスクトップアイコン VMwareP_プログラムアイコン

 あと、ネットワーク共有センターを開くと、識別されてないネットワークに
 Vmware Network Adapter VMnet 1 と VMnet 8 が登録されています。
  VMwareP_ネットワーク

 ※普段は気にする必要はなく、参考なのですが、
  この VMnet 1, VMnet 8 のお陰でEPSON EP-904A への
  無線接続設定がうまくいかなかった経験があります。
  回避策もありますので詳しくは
  EPSON EP-904A セットアップ - VMware の罠
  を参照してください。
  

4.VMware Player の実行

 デスクトップかスタートから VMware Player のアイコンをクリックすると
 使用許諾契約ダイアログが現れるので、
 [使用許諾契約の条項に同意します(A)]を選択して、[OK]クリックします。
 VMware Player 使用許諾契約

 [VMware Player へようこそ]が表示されます。
 VMware Player へようこそ

以上で VMware Player のインストールは完了です。

次回は、Windows 8 Release Preview でもインストールしてみますかね。

◆Windows 8 Release Preview ダウンロード◆

◆Amazonで VMware の関連グッズを確認する◆

ThinkPad X220 増強作戦 その1 : 1万円でメモリを16GBに増設

今回は、ThinkPad X220 に 1万円でメモリを 16GB に増設するまでの記事です。

● メモリ16GB 増強までのいきさつ

ThinkPad X230 が出ましたね。X220 ユーザからすると複雑な心境です。
X230 に乗り換えるか、それともこのまま X220 を使い続けるか。

もともと X220 は、メモリ 8GB で購入したので、
普通に使う分にはまったく不満はないのですが、
仕事の都合上、VMware の VM を複数立ち上げることがあり、
8GB では不足と感じることが多くなってきました。

そんなときに、メモリ上限が16GB の X230 がリリースされ、
メモリ上限が 8GB の X220 から乗り換えたい気持ちが
かなり強くなっていました。

ところが、最近、ネットで X220 に 16GBのメモリを
乗せて稼動に成功させた記事を見かけました。

X220 でも 16GB で動くならばとうことで早速メモリの購入を決意しました。
最初は、レノボ純正品をチェックしたのですが、16GB はまだまだ高くて、
純正品以外を探すことにしました。

ありました、ありました、2012年6月現在、8GBのメモリカード2枚で
1万円以下のものが数社から出ているようです。

自分は、シー・エフ・デー販売のノートパソコン用メモリ
DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 1枚組
D3N1333F-8G を 2 セット購入しました。

◆Amazonでシー・エフ・デー販売 ノートパソコン用メモリ D3N1333F-8G を確認する◆

注)デュアルチャネル動作テスト済みセットという 2 枚でワンセットに
なったものもあるようです。心配な方はこちらが良いかと思いますが、
バラのほうが合計金額が安かったのでバラ 2 セットにしました。
◆Amazonで2枚組みの W3N1333F-8G を確認する◆


● メモリ交換手順の記録

※参考資料
 ハードウェア メインテナンス マニュアル

さてここからメモリの交換手順を記録しておきますね。
画像をクリックすると大きな画像が出ます。

購入したパッケージです。
D3N1333F-8G

パッケージを開けてみると、BUFFALO 製のメモリでした。
知っているメーカー名なので安心しました。
BUFFALO Select D3N1333F-8G

始めに、X220から電源ケーブルを抜き、バッテリーも外します。

X220 のメモリ増設・交換は非常に簡単です。
写真の赤で囲んだところのネジ2本を外します。
私は 100 均で購入した 精密ドライバセットを使用しました。
X220 メモリ交換

購入時よりセットアップされていたサムスンの 4GB x2 が現れます。
メモリ8G

メモリの左右の爪を丁寧に外すと、メモリモジュールが
跳ね上がり、取り外すことができます。
メモリ取り外し後

取り付けは、メモリモジュールを斜めに差し込んでから
跳ね上がっている部分をX220本体側に押し込むと、
パッチっと音がして、爪がかかりロックされます。
新メモリ16GB

新しいメモリモジュールの取り付け完了です。
取り付け完了

メモリ部分のフタも元通り取り付けたら、次は電源ONです。
他の PC ではハードウェアを変更すると BIOS が立ち上がったり
するのですが、X220 の場合何事もなかったように Windows7 が
立ち上がりました。

まずはタスクマネージャーでメモリをチェックしました。
物理メモリの合計値が 16271MB になっています。
ちゃんと16GB を認識したようです\(^o^)/
タスクマネージャー

CPUZ でもメモリの状態を確認しました。
あ、純正品のサムスンメモリのときには、
Manufacturer と Part Number, Serial Number が
表示されていましたが、新しいメモリでは
Manufacturer に「Melco」としか表示されていません。
純正品はパーツ1つ1つまできちんとしていますね。
CPUZ-MemoryCPUZ-SPD

次に、エクスペリエンス インデックスです。
左が元の値で、右がメモリ交換後です。
元々メモリは 8GB 積んでいたので、7.5 で変わらずですが、
あらら、グラフィックスが 6.2 から 5.9 に下がってしまいました。
前回、エクスペリエンス インデックスを評価したのは
1年位前なので今回のメモリ増設で低下したかどうかは不明です。
ま、気にしないことにします。。。
エクスペリエンス インデックス - 旧エクスペリエンス インデックス - 新

最後に、Lenovo ThinkVantage Toolbox でハードウェアチェックを一応しておきました。
メモリ・システム・テストは Windows 上だけではテストが完了できないようです。
Lenovo ThinkVantage Toolbox


[OS のメモリ診断テスト スケジューラを起動] をクリックすると
[Windows メモリ診断] ダイアログが表示されるので、
[今すぐ再起動して問題の有無を確認する] をクリックします。
Windows メモリ診断

再起動後、Windows 起動前に診断ツールが実行されます。
Windowsメモリ診断ツール
無事、エラーは検出されず Windows が立ちあがりました。

こうして X230 に乗り換えることなく、X220 でも 16GB メモリ環境を
手に入れることができました。

メモリが安いので、16GBもメモリを必要としない人も、
4GB とか 8GB に増やしたら快適ですね。
だいたい、4GB で 2,000円代、8GB で 4,000円代です。
あ、32bit Windows の方は、4GB より多くしても認識しませんので
注意してくださいね。
◆Amazonで メモリ(PC3-10600 DDR3-1333)を確認する◆

BUFFALO ケーブルボックス

机の下の無造作なケーブル群をどうにかしたくて
BUFFALO ケーブルボックスを購入しました。
とっても綺麗に片付けられたのでご紹介します。

最初はこの通り、ケーブルだらけでした。
ケーブルボックス導入前

これがBUFFALO ケーブルボックスの底面です。
LタイプとSタイプがありますが、購入したのはLタイプです。
BUFFALO ケーブルボックス

アマゾンのカスタマーレビューに「接着剤がとけて床が大変なことに」
というのがあったので、ケーブルボックスの滑り止めは先に取っちゃいました。
滑り止めのゴムと本体は両面テープで貼り付けられているだけなので、
丁寧に行えばきれいにはがすことができます。
この両面テープが溶けて流れだすのかなぁ???
滑り止めをとりはずす

で、ケーブルボックスで整理した後の様子です。
なんとスッキリしたことか。これで掃除も楽になります。
ケーブルボックス導入後

◆Amazonで BUFFALO ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Lサイズ ホワイト BSTB01LWH を確認する◆
◆Amazonで BUFFALO ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Sサイズ ホワイト BSTB01SWH を確認する◆

ゼブラ サラサ4 (ZEBRA SARASA4)

ゼブラの4色ジェルボールペン「サラサ4」をもう2年以上使っています。
とても使い心地が良くて替芯で長く使うことができるので紹介したいと思います。

良いと思うところ
● ジェルインクで書きやすい
 普通のボールペンのようにインクがぼってと出て紙を汚すことがなく
 なめらかに書くことができます。

● 4色を使い分けることで判り易いメモやノートがとれる
 これは一度実践するともう黒一色でのメモでは物足りなくなります。

● クリップ部分が折れずらい構造になっている
 実は私、打ち合わせ中にペンのクリップ部分を指で弾く癖があって、
 たびたびクリップ部分を折ってしまうんです。
 ペンの買い替え理由がクリップ部分の破損だったのですが、
 サラサは金属板のバネが仕込まれていて折れません。
 私の最初に買ったサラサも2年以上折れずに使っています。
 
● 替芯が送料無料で売られている
 替芯が売られているのはそうめずらしいことではありませんが、
 ゼブラのサイトでは1本から送料無料で替芯を販売しています。
 1本だけ注文するのは申し訳ないので数本まとめて注文しています。
 残念なことに、ペン本体の小売販売はしていません。
 ゼブラ替芯の購入ページはこちら


最初に買ったサラサ4はまだまだ現役なのですが、今回、
家用とカバンの常駐用として透明タイプとオレンジタイプの2本を買いました。
一番奥が2年以上使用しているもので、ペン先の内側がペン先の
出し入れ時に付着するインクのせいで黒くなっています。
また、写真では良く見えませんが、クリップのゴム部分が擦り切れています。
(使用上はまったく問題ありません・・・)
サラサ4

替芯は2年間使用したサラサ4用に買いました。
今回は赤以外の黒・青・緑を入替えました。
替芯は3世代目に入っていますがまだまだ初代サラサ4も使い続けるつもりです。
サラサー替芯

◆Amazonで ゼブラ 4色ジェルボールペン サラサ4 透明 J4J1-C を確認する◆
◆Amazonで ゼブラ 4色ジェルボールペン サラサ4 白 J4J1-W を確認する◆
◆Amazonで ゼブラ 4色ジェルボールペン サラサ4 ブルー J4J1-BLを確認する◆
広告
プロフィール

kimamatech

管理者:kimamatech
きままテックへようこそ!
ブログ8年目に入りました!
暫く多忙で更新していませんでしたが、記事の更新を再開しようと思います!
ThinkStation P320 Tiny メニュー
iPhone 6 メニュー
iPad Air 2 メニュー
ThinkPad X220 メニュー
ThinkStation E31 メニュー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。